Skip to content

素材を知ってドレスシャツを快適に着こなす

仕事や冠婚葬祭などのシーンで着用することが多いドレスシャツは、いつも快適に着こなしたいものですが、使用されている素材によって着用感が変化します。

主な素材を知って自分にぴったりのドレスシャツを見つけましょう。主にドレスシャツの素材の基本となるものは、綿素材であるコットン、化学繊維のポリエステル、麻素材のリネンの3種類です。見た目の感じは同じドレスシャツでも、これらの素材にはそれぞれ違った特徴があります。もっとも肌触りが良く、吸水性、保湿性が良く万能な生地と言われるのがコットンです。

通気性も良いので年間を通して快適に着用できます。着用感、手触りがとても良く天然素材ですので、化学繊維に比べると比較的高価です。シワになりやすく縮みやすい、黄ばみやすいなどの特徴がありますので、細やかなお手入れが必要です。

軽くて丈夫でシワになりにくいのがポリエステルです。汗を吸いにくく通気性に劣るという特徴があります。気温が下がる冬場は少し寒さを感じるかもしれませんが、ポリエステルは最も良く使用されている素材ですので、他の天然素材と混合したりなどの工夫をすることにより着用感が改善されている商品もたくさんあります。

シワになりにくいなどの機能性に優れていますので、お手入れが最も簡単で手間をかけずに着用することが可能です。丈夫で乾きやすく、放熱性に優れ涼しい着用感である素材がリネンです。シワになりやすく、手触りは硬いのが特徴です。見た目の印象としてカジュアルな雰囲気があります。天然素材であり、最も涼しいと言われていますので、主に春や夏向けの素材です。

このように、ドレスシャツに使用される素材にはそれぞれの違いがあります。季節や、体質、ライフスタイルによって、使い分けると良いでしょう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です